■レーシックの前には適性検査

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。

 

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 



■レーシックの前には適性検査ブログ:06月14日

オレたちの身体は大腸から水分を取り、
それを腎臓に送り、腎臓で水を濾過して、
全身に水を供給しようとする。

そのため
大腸に老廃物や毒素が溜まっていると、
身体の調子を崩し、病気になりやすくなる…

キレイな水を使えないからこそ、
細胞自体が弱ってしまい、
免疫力を大いに減少させてしまうのである。

特に恐ろしいのが、
脳は最もキレイな水を使う器官なので、
お子さんが便秘をしてしまうと、
脳は汚い水を使わざるを得なくなり…

それで脳が異常になってしまい、
とにかく母の言うことを聞かない
お子さんになってしまう。

排便が快調なお子さんほど
母に対しては素直なのだが、
便秘をするとそうではなくなってしまうのだ。

お子さんが便秘になる最大の要因は、
排泄をしていないのに、
母が無理矢理に
午前中食を食べさせてしまうことにある。

大人は午前中の排便が
習慣づいているかもしれないが、
お子さんは午前中の排便が習慣づいておらず、
午前中の排便は遅れがち…

しかもお子さんは
母よりも遅く起きるので、
充分に重力を使うことができず、
排便が困難になってしまうことが多い。

排便をしていないのに午前中食を食べてしまうと、
食べる事の消化吸収のために排泄が阻害されてしまい、
途端にウンチが出なくなってしまう。

そうなると
内臓は排便のタイミングを失ってしまい、
午前中ではない別の時間で
排泄をせねばならなくなる。

しかし
そういう時間帯は食べる事をするから、
結局、排便することができず、
便秘になってしまうのである。

なので、母は、
お子さんが午前中の排便をしない限り、
絶対に午前中食を与えるべきではない。

子供にとっては
午前中の排便こそ
非常に大事な仕事なのである。