■レーシックの前には適性検査

レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。

 

適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 



■レーシックの前には適性検査ブログ:08月17日

当たり前のことですが、
体質を動かすとお腹がすきますよね?

でも、体操をした直後に食事をすると、
シェイプアップの効果を減少させてしまう恐れがありますから
注意してくださいね!

というのも、
体操をした直後の体質というのは、
エネルギーを大量に消費している状態です。

ですから
エネルギーを補給しようとして、食べ物などを欲するわけです。

体操をすることによって、
確かに脂肪が燃焼するなどの
シェイプアップ効果を期待することはできます。

しかし一方で
新たなエネルギー源を補給する形になりますから、
シェイプアップの効果が少なくなってしまうのです。

なので、体操をした後しばらくの間は、
食事をすることは控えた方がいいでしょう。

むしろ、
体操をした後に軽く体質を動かすことの方が、
より高いシェイプアップ効果を期待することができます。

よくスポーツ選手は、
激しい体操をした後に
軽めのランニングやウォーキングをしますよね。

「クールダウン」とも言いますが、
あのような軽めの体操をすることが
シェイプアップには効果的なんです。

有酸素体操をはじめとして、
長時間体操を行うと、体操をやめた後でも
しばらくは脂肪が燃焼している状態を維持することができます。

ですから、ただ歩いているだけでも、
通常と比べるとカロリーの消費効率は良くなっているはずです。

クールダウンをして、
ゆっくりと体質を冷やしていきましょう。
そしてしばらく安静にすることです。

食事については、体操を終えてから
できることなら一時間、
少なくても三十分程度のインターバルを取ってから
食べるようにした方がいいでしょう。