■矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。 レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 



■矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:04月23日

暑い日の冷たいビールは格別ですよね。
夏場はたくさん汗をかき、のどが渇いているので、
ついついビールを一気に飲んでしまいがち…

また、揚げ物や味の濃い料理などの
高カロリーのおつまみがすすんでしまうことも…

減量中は、
酔いの勢いに任せて暴飲暴食をせず、
腹八分目に抑えましょう!

日本酒のカロリーは熱として放出されやすく、
体脂肪になりにくいと言われていますが、
飲み過ぎはやはりカロリーオーバーに…

とは言え、
日本酒そのものより、
一緒に食べるおつまみで太ってしまうことがほとんど!
減量中はおつまみを厳選し、
食べ過ぎないようにしましょう。

減量中のおつまみには、
枝豆、冷奴、漬物がおすすめです。

枝豆も豆腐も高たんぱくで低カロリー。
漬物は野菜の食物繊維やビタミン、酵素の補給が期待できます。

おつまみの合間にこれらの三品をとり入れ、
お腹を満たしておくとカロリーセーブにつながりますよ!

揚げ物とビールは黄金の組み合わせですが、
その分高カロリー。

唐揚げなら一つ、串揚げなら1本…というように
好きなものを一つだけゆっくり堪能して、
あとはヘルシーな刺身や焼き魚、野菜の煮物などをつまみましょう。

日本酒の後の味噌ラーメンやライスものが、
太る原因なのはよく知られていますよね。

女性の場合、最後に甘いものを食べたくなることが多いようですが、
これは飲んだ後の味噌ラーメンと同じこと。
減量中は控えましょう!

日本酒を我慢すると
かえってストレスになってしまうかもしれません。
ストレスは減量の一番の敵。
日本酒も適度に楽しみましょう!

とっぴんぱらりのぷう