■紹介制度を採用しているレーシッククリニック

■紹介制度を採用しているレーシッククリニック


■紹介制度を採用しているレーシッククリニック
レーシックにおける紹介制度というのは、友人や知人がレーシックを検討している時に有効的に使いましょう。
双方が得をするシステムなので積極的に利用をされると良いでしょう。

最近におきましては安全性への配慮から、どのクリニックも割引制度をしていないことがあります。
しかしまだ実施しているクリニックはあるので比較サイトなどで探してみてください。
レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。 レーシックの手術を受けた患者さんが他の人を紹介し、その人がレーシックを受けた場合におきましては、謝礼金が貰える制度が中にはあります。
商品券などを受け取ることが出来るメリットのほか、紹介された人も割安価格でレーシックを受けることが出来るようになります。





■紹介制度を採用しているレーシッククリニックブログ:05月21日

グッドモォニング♪.....φ(-ω-。)。o○(ネムィ…)

最近、シェイプアップをする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
シェイプアップの見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

わたしの周りにも、
「炭水化物抜きシェイプアップ」をしている仲間がいますが…
わたしは、炭水化物を全く抜くシェイプアップというのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物をご飯から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
ご飯から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
午後間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な午後間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

シェイプアップも大事ですけど、
身体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

・・・と、こんな事書いてみる
■紹介制度を採用しているレーシッククリニック

■紹介制度を採用しているレーシッククリニック

★メニュー

■レーシックの前には適性検査
■交通費を補助してくれるクリニック
■保証制度の有無を確認しよう
■最新老眼治療のモノビジョンレーシック
■紹介制度を採用しているレーシッククリニック
■レーシックで乱視の治療も可能
■レーシックでのリスクを理解しておこう
■口コミサイトを活用してクリニック選び
■矯正された視力の維持は保証出来ない
■ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)その治療を知りたい!レーシック情報